ケネディ駐日米国大使へ書簡を送りました

新たに就任されたケネディ駐日米国大使に、沖縄の基地の
撤去への尽力とオバマ大統領の広島・長崎訪問実現を要望する
書簡を11月27日に送りました。
********************************

駐日大使キャロライン・ブービエ・ケネディ様  
紅葉の美しい季節に、駐日大使キャロライン・ブービエ・ケネディ様のご着任を
心から歓迎いたします。

私たち日本キリスト教婦人矯風会は、1886年アメリカの女性メリー・レビット婦人の来日
講演会で触発された56人の女性達が立ちあがって会を創設し、以来127年女性の人権、平和
を求めて活動を続けてきました。ケネディ大使はご自分から仕事をしたい国として日本に
心を寄せてくださっていると伺っています。女性の地位向上の問題にも関心を示して
くださり、私たちも期待し、歓迎いたします。
ご着任に当たり、私たちの願いをお伝えしたいと思います。

沖縄について
日本とアメリカは太平洋戦争を戦いました。戦後68年間沖縄は米軍の基地として多大な犠牲
を払ってきました。特に普天間基地は世界一危険な基地です。周辺に住宅が密集し、学校で
子どもたちが運動する上空を軍用機が飛行しています。アメリカでは危険だからと住民の
反対で飛行を中止したオスプレイが、住宅地の密接した普天間基地を飛び立って訓練
飛行を行っています。私たちはアメリカの理不尽な押し付けを大変残念に思います。
ラムズへルド元国防長官でさえ、この事実を知って危険性を認めておられます。

移設先にされている辺野古はさんご礁の海。希少動物のジュゴンの住む美しい海です。
この海を壊して軍事基地にすることを日本国民は望んでいません。
今までも私たち、特に現地で直接の被害を被っている仲間たちは、あらゆる民主的な方法で
抗議してきました。然るに米政府は普天間基地返還発表から17年になる今も使用し続けて
います。米国内では守られている環境基準や安全基準さえ無視した差別的な扱いを沖縄に
強いています。米国内では許されない事を沖縄県民は受忍し、危険と隣り合わせに暮らして
います。沖縄に住む人々に安心安全な暮らしを戻して下さい。
沖縄の基地の撤去にご尽力下さることを心からお願い申し上げます。

広島 長崎に関して
憲法9条の理念のもと日本国民は軍備によらない平和を願っています。人類最初の原爆の
被害を受けたヒロシマ・ナガサキには甚大な被害の記憶の数々が残され、ふたたび
あやまちを繰り返さない不戦の決意を表明しています。かつて広島を訪問された
ケネディ大使もよくご存知のことと思います。在任中に是非オバマ大統領を
広島・長崎にお連れください。核廃絶を願い、ノーベル平和賞を受賞された
オバマ大統領には是非訪問して頂きたいと私たちは願っております。
落ち着かれましたら是非大統領ご訪問を企画して下さいますよう、お願い申し上げます。

ご多忙の日々と存じますが、日本の晩秋をお楽しみください。
ご健康に留意されて大切な任務に励まれますようお祈り申しあげます。
               
                日本キリスト教婦人矯風会 理事長 佐竹順子

送付した英文書簡はこちら→

ケネディ駐日大使への書簡

選択的夫婦別姓など民法改正請願書ダウンロードできます

 

当会では毎年選択的夫婦別姓など民法改正請願書を政府に提出しています。

1996年2月に法制審議会が民法改正の答申を出しましたが、
その当初から私たちは民法改正を求めて請願活動を続けてきました。
未だに実現に至っていないことは大変残念です。

女性の多様な生き方に対して、婚姻による姓の問題、夫婦別姓を
認められていないことは沢山の女性に不利を強いています。
国際社会の一員として日本は様々な国連条約を批准していますが
条約に基づく国内法の整備の遅れについて度々勧告を受けています。
国際的にも男女の不平等が指摘されている民法の改正を速やかに
行うことを要望いたします。

一 選択的夫婦別姓制度導入 一 婚姻年齢の男女差別撤廃

一 女性にだけある再婚禁止期間の廃止 一 戸籍法における婚外子差別撤廃

 

ダウンロードはこちら(賛同いただける方はご記入の上矯風会に郵送してください)

民法改正請願書2017

橋下徹氏の発言に関し国会議員等へ公開質問状送付しました

橋下徹氏の「慰安婦」問題発言に関し、維新の会所属他の国会議員への
公開質問状を送付しました

橋下徹日本維新の会共同代表並びに大阪市長は、5月13日の記者会見で
戦時の「慰安婦制度」は必要であった旨の発言をされました。
この発言は日本政府の公式立場である河野談話を否定するものであり、
公人の発言として看過できるものではありません。

そこで私たちは維新の会所属の衆・参両議員56名、全参議院議員236名、
そして7月に行われる参議院議員選挙に維新の会より立候補予定者のうち
住所のわかる方19名に、橋下氏の発言についてどのようにお考えになるかを
お聞きする次のような公開質問状を送りました。

公開質問状はこちら→ 2013 6月13日現在
橋下市長「慰安婦」発言について議員公開質問状20130613

橋下市長による「『慰安婦』制度は必要だった」発言に抗議し、撤回と謝罪を求める要望書

提出橋下市長「慰安婦」発言抗議書 2013年年5月15日に矯風会として標記の文書を橋下大阪市長に提出しました。また
大阪および和歌山の会員有志も5月16日、同内容の抗議文を橋本大阪市長に提出しました。
内容はこちら→
橋下市長による「『慰安婦』制度は必要だった」発言に抗議し、撤回と謝罪を求める要望書