女性の家HELP


矯風会の創立100周年を機に1986年に設立しました。HELP(House in Emergency of Love and Peace)は、国籍・在留資格を問わない、女性とその子ども達のための緊急一時保護施設(シェルター)です。HELPの活動に対して1990年に第4回「東京弁護士会人権賞」を、2002年に「朝日社会福祉賞」を受賞しました。その他、電話相談(日本語、英語、タガログ語)も行なっています。

Brochure
HELP brochure

緊急一時保護施設(シェルター)について

緊急一時保護施設(シェルター)としては、まず安全に安心して滞在できるよう、3度の食事とプライバシーが確保できる宿泊の場を提供しています。そして入所している女性や子どもたちの状況に応じて、相談にのったり、旅券やビザに関する手続き、離婚、アパート探しなどのサポートを行なっています。

ご自分が住んでいる市区町村の福祉事務所に、まず電話か直接相談してください。基本的には福祉事務所などを通してHELPへ入所することになります。
所持金がない、日本の滞在資格がない方も福祉事務所やHELPにご相談ください。
滞在期間は原則として2週間です。
子ども連れの場合、男児は原則として10歳までです。
看護医療施設がないため病気の方は宿泊できない場合もあります。事前にご相談ください。
宿泊費(1泊、3食付)は、大人3,500円、子ども2,500円です。

電話相談

電話相談では、お話を聞き、必要な情報の提供を行なっています。
電話番号:03-3368-8855
月曜日~金曜日(日本語、英語) 10:00~17:00
匿名で相談でき、言いたくないことを言う必要はありません。
秘密は必ず守ります。
必要に応じて関連機関を紹介いたします。

メディアによる紹介/

HELPディレクターが取材を受けました(下記記事下線部)→
THE JAPAN TIMES DEC.28,2013

発行物

「ネットワークニュース」(日本語、英語)(年2回)

寄附・献品のお願い

HELPは皆さまの寄附とボランティアの方々の活動によって支えられています。皆さまの温かいご支援、ご協力をお願いします。現在私たちが必要としているものは、食品全般(賞味期限内のもの)、お米、子どものおやつ、新品のおもちゃや文房具、新品のパジャマやトレーナー、インナーウェア類、洗剤などです。(連絡先 電話 03-3368-8855)

寄附金送付先:郵便振替 00110-5-188775 加入者名「矯風会女性の家HELP」