2023 2/15  比企敦子さんオンライン講演会 この国の教育はどこへ向かっているのか? 

比企敦子さん講演会 この国の教育はどこへ向かっているのか? 

~歴史認識と平和教育の視点から~

オンライン講演会
ZOOMミーティング(募集定員60人)

とき:2023年2月15日(水)午後2時~3時45分(zoom入室13:40~)
講師: 比企 敦子さん 日本キリスト教協議会(NCC)教育部総主事

ちらしから:1986年に自国中心的な高校歴史教科書が検定を通って以降、問題のある中学校歴史教科書も採択されています。特に、植民地支配やアジア・太平洋戦争に関する記述に問題があります。2021年4月には、既に検定を通った歴史教科書の記述を「閣議決定」で覆し、訂正申請させると言う事がありました。時の一内閣の決定によって教科書の記述が変更させられることは子どもの学習権の侵害につながります。
将来を担う子どもたちの教育について、ご一緒に考えてみたいと思います。

講師略歴:東洋英和女学院、フェリス女学院(中高・英語)教員を経て 2013年4月より現職。全国キリスト教学校人権教育研究協議会副会長・運営委員、宗教者九条の和世話人、農村伝道神学校講師、マイノリティ宣教センター運営委員、神奈川教区性差別問題特別委員会委員

★中止★9/16 講演会 非戦の思想を受け継ぐ

★下記集会は、緊急事態宣言の延長のため中止となりました★

キリスト者遺族の会が始まったころ、友人の一人は、よく「戦争を知らない子どもた
ち」を口ずさんでいました。1943~5 生まれの私たちには戦争中の記憶はありません。父
親の顔も覚えていません。でも社会人となり、親となって考えます。父親はどうやって、
なぜ死ななければならなかったのかと。 選択肢のない時間。自らの言葉を,愛する者
たちに伝える手段の絶たれた状況。 父をその一人として含む、戦争で死んでいった人
たちの『声』を歴史のなかから聞き取りたい。その言葉を、自分のことばとして再現し、
その言葉を生きてゆきたい。
(岡田典夫;1938 年生、茨城キリスト教大学名誉教授、父、サイパンで戦死)
岡田さんは、憲法 9 条と原教育基本法に戦死者が残していった声をきくという。

今回、キリスト者遺族の会最後の集会において、「非戦」の原点を、内村鑑三を通し
て再確認し、私たちが踏み出すべき平和への次の一歩を考えたい。(ちらしより)

発題
矯風会の戦責告白 川野 安子
(日本キリスト教婦人矯風会前理事長)

非戦への途を望む 吉馴(塩田)明子
(遺族・キリスト者遺族の会世話人代表)

休憩のあと1時間を参加者全員の意見交換・懇談の時とします。(司会 坂内宗男)

日時: 9 月 16 日(木)14 時~16 時(開場 13 時半)
会場: 矯風会館三階 集会室(JR 大久保駅北口3分 ℡.03-3361-0934)

「緊急事態宣言」が継続されている場合は、集会を中止します。

ご不明な時は、お問い合わせ下さい。問合せ Tel.03-3361-0934
共催: キリスト者遺族の会・日本キリスト教婦人矯風会

チラシはこちら→「非戦の思想を受け継ぐ」集会案内(9月16日)

10/9「詩人尹東柱の想いを今につなぐ」(京都)

~詩人尹東柱(ユンドンジュ)の想いを今につなぐ~
平和で自由な未来を共に祈りねがいながら!

日にち:2021年10月9日(土) 少雨決行・悪天候中止
時間: 13:30 京阪宇治駅前集合 (徒歩)
参加費:500円(資料代・献花代、税込)
申し込み締切 10月3日(日)

主催 (公財)日本キリスト教婦人矯風会
連絡先 矯風会京都部会 
詳細はチラシをご覧ください。

チラシはこちら→ 20211009尹東柱の想い表
         20211009尹東柱の想い裏

中止:7/6(月)東京 トークとピアノ  打ち捨てられた者の「憲法」

都内の新型コロナ感染者が100人を超えたため、やむを得ず中止にします。

ちらしから
「憲法」は誰のためにあるのでしょうか?一人ひとりが
たいせつにされ、ともに生きることはできるのでしょうか?
税金を払っているにもかかわらず、選挙権は与えられていない人たちも日本に住んでいます。憲法で保障されていない「小さくされ、声を奪われた人たちのために」憲法があるということを、憲法学者の斉藤小百合さんと、在日三世のピアニスト崔善愛さんのトークをとおして、また崔さんのピアノを聞きながら、ご一緒に考えましょう。

トーク 斉藤小百合さん(憲法学者)
ピアノ 崔善愛さん(ピアニスト 在日3世)

とき 2020年7月6日(月)
   午後1時~4時(12時半会場)
場所 矯風会館1階ホール
チケット前売り1000円 当日1200円
申し込み締め切り 6月30日
申し込み用紙はちらし裏面にあります

ちらしはこちら→


https://kyofukai.jp/wp-content/uploads/2020/06/打ち捨てられた者の「憲法」7月6日-2.pdf



体調に不安のある方は参加をお控えください:沖縄の再戦場化を許さない!小西誠さん講演会

標記集会はコロナウィルス感染防止対策を実施の上開催いたしますが、体調に不安のある方は参加をお控えください。

ちらしより:いま石垣島・宮古島を始め先島・南西諸島では、基地化=軍事化が急ピッチで進められています。2016年与那国島には、陸自沿岸監視隊が開設、続いて昨年3月には宮古島駐屯地、奄美大島駐屯地、奄美瀬戸内分屯地が開設、更には石垣島で駐屯地の造成工事が始まり、種子島-馬毛島では日米共同基地化の動きが強まっています。特に3月石垣島駐屯地着工、10月宮古島・保良ミサイル弾薬庫着工は、この地域のミサイル基地建設=琉球弧ミサイル要塞化への重大な段階がきていることを現わしています。辺野古新基地の建設と沖縄全島の「日米共同基地化」もその一環です。この厳しい局面の中でも、宮古島・保良地区ではミサイル弾薬庫建設を阻む地域住民の抵抗が連日工事現場で行われています。このような基地化・軍事化を担って、凄まじい勢いで進行する自衛隊の動きを阻む大きな世論形成が求められています。44年の沖縄戦以前は全くの非武装の島でした。私たち「本土」の者は、自分たちの生存に関わる問題として捉え、非基地化の世論形成に参与しましょう。

講師 講師 :小西 誠氏(元反戦自衛官 軍事ジャーナリスト )

とき 2020年2月29日(土)午後2 ~4時 (開場 1時半) 時

場所 矯風会館3階集会室

参加費 500円

ちらしはこちら→ 沖縄の再戦場化を許さない!