5月15日共催 フォトジャーナリスト 大藪順子氏ズームセミナー

立ち上がる選択 性暴力被害者と支援者のために

大藪さんはアメリカで性暴力被害に遭い、アメリカの被害者支援体制と性暴力の実態を知るに至りました。大藪さん自身が支援を通して心の回復を遂げた経験から、アメリカの性暴力の実態と対策などの現状を対比させつつ、日本に必要な制度施策や法改正と支援策などについて語っていただきます(チラシから)

申し込み締め切り:5月13日(木) 定員200名 参加費 2200円 

★ 詳細・お申し込み方法はチラシをごらんください。


チラシはこちら→ https://www.humanrights-ra.com/wp-content/uploads/20210409_001.pdf

11/11~17 DV加害者は変わるのか・被害者支援の立場から (オンライン講座)

講師:山口のり子さん(アウェア代表)

動画公開期間 2020年11月11日(水)~17日(火)

参加申し込み:新宿区男女共同参画センターまで(受付期間10月7日~11月10日)。メール(講座名、お名前、電話番号、年齢●歳代を記載)、または下のチラシ裏のFAX申込用紙をお使いください。

✉ danjo-keihatsu@city.shinjuku.lg.jp FAX 03-3341-0740

共催:ウィズ新宿都

中止:DV加害者は変わるのか ―被害者支援の立場から―

男女共同参画の推進と多様な生き方をみとめあう社会づくり―ウィズ新宿都のパートナーシップ講座 

日時: 2020年 3月 12日 (木) 午後1時半~4時 

※本イベントは新型コロナウィルス感染対策のため、共催団体の新宿区の決定により中止となりました。7月以降に延期して開催を予定しております。別途案内

場所: 矯風会館1階ホール(JR大久保駅北口徒歩2分)

講師: 山口のり子さん(アウェア代表)

参加無料。(要申し込み。新宿区男女共同参画センター(ウィズ新宿)Tel:03-3341-0801まで(日・祝日除く8:30~17:00)、またはチラシ裏のファックス申込用紙で。2月7日より受付開始。

DV問題の啓発をさまざまな民間団体がとりくみ、
行政機関も毎年キャンペーンしているにもかかわらず、被害者は減少していない。
問題解決には、〈問題=加害者〉の研究が大切だ。
「加害者」に着目して、17年加害者更生プログラムを実施してきたアウェア(aware)の代表、
山口のり子さんから学ぶことは多いに違いない。

東京:絵本『花ばぁば』と「わたしの描きたいこと」上映会

『花ばぁば』は日本軍「慰安婦」被害者の証言をもとに、全ての性暴力根絶を願い創作された絵本です。日本人絵本作家4人が呼びかけた「日・中・韓 平和の絵本」シリーズの中で、『花ばぁば』だけが8年もの間日本で刊行できなかったいきさつ、作者クォン・ユンドクさんや出版社、日韓市民の奮闘と希望を描くドキュメンタリーです。

@2019年10月5日(土) 13:30~16:00(開場13:00)

場所:矯風会館3階集会室

トークゲスト 木瀬貴吉さん(ころから代表)

チケット 前売り800円 当日1000円 高校生以下無料 申し込み・問い合わせは チラシ参照 主催:公財 日本キリスト教婦人矯風会

新潟:絵本『花ばぁば』と「私の描きたいこと」上映会

『花ばぁば』は日本軍「慰安婦」被害者の証言をもとに、全ての性暴力根絶を願い創作された絵本です。日本人絵本作家4人が呼びかけた「日・中・韓 平和の絵本」シリーズの中で、『花ばぁば』だけが8年もの間日本で刊行できなかったいきさつ、作者クォン・ユンドクさんや出版社、日韓市民の奮闘と希望を描くドキュメンタリーです。

@新潟
2019年9月23日(月・祝) ※盛況のうち終了いたしました!!
14:00~16:30 (開場13:30)
場所:クロスパルにいがた 4階映像ホール
トークゲスト 田島征三さん(絵本作家)
チケット前売り500円 当日600円

高校生以下無料

申し込み・問い合わせは チラシ参照
共催 公財 日本キリスト教婦人矯風会、新潟YWCA

@2019年10月5日(土)
13:30~16:00(開場13:00)
場所:矯風会館3階集会室
トークゲスト 木瀬貴吉さん(ころから代表)
チケット 前売り800円 当日1000円
高校生以下無料
申し込み・問い合わせは チラシ参照
主催:公財 日本キリスト教婦人矯風会

花ばあばチラシ表

花ばあば チラシ裏

札幌:山崎菊乃さん講演会

子どもと共にシェルターを利用し今はシェルター(女のスペース・おん)の代表である山崎菊乃さんの講演会を開催します。
とき:2019年9月30日(月) 1:30~3:30
ところ 北海道クリスチャンセンター 2階ホール
参加費 500円
詳細はちらしをごらんください。ちらしはこちら→ 9月30日山崎菊乃さん

ありのまま自分らしく生きる多様なセクシュアリティの中で

 

ちらしより:

最近、LGBTをめぐる状況は、よくも悪くも動いています。今回は、長野県での取り組みを紹介します。2018年、県内の3つの自治体で「性的少数者の人権を守るための請願」が出され、次々採択されています。さらに、国の動向にも焦点を当て、性的マイノリティの未来を見据えていきたいと思います。「ありのまま自分らしく生きる」とは?ご一緒に分かち合いましょう!

トークと交流

ありのまま自分らしく生きる 多様なセクシュアリティの中で

地方での取り組みと国の動き

とき:2019年1月26日(土)14:00~16:00(受付13:30~)

場所:矯風会3階集会室

トーク みやさん(レインボーフェローズナガノ代表)& 飯野由里子さん(東京大学大学院バリアフリー教育開発研究センター勤務)

チケット 前売 800円 当日1000円

チケットのお申し込み方法はちらしをご参照ください。

お問い合わせ:矯風会事務局 電話03-3361-0934

ちらしはこちら→1月26日トークと交流

 

 

 

12/6 創立132年記念集会女たちは何をめざしてきたか

昨年12月に出版された北原みのりさん責任編集『日本のフェミニズム』という本の副題には、「since1886」(1886年から)とあります。いったい何があった年?!

作家でこの本の責任編集者・北原みのりさんと同じく作家の柚木麻子さんをお招きして、お二人のトークから、先輩女性たちの「性の戦い」、その切り開いてきた道、そして、日本の「今」が見えてきます。

とき:2018年12月6日(木)午後1時~3時30分(開場12:30)

場所:矯風会館1階ホール 入場無料 どなたでもお越しください。

詳細はチラシをご覧ください。

お問い合わせは矯風会事務局まで

ちらしはこちら→ 12月6日創立記念日

11/18 長岡 講演会 暴力の加害者性を見つめなおす

ちらしより:暴力が次の暴力を生む―暴力加害の背景にある、加害者自身の暴力被害やジェンダー意識について、加害者臨床の経験が豊富な講師からお話しいただきます。

11月18日(日)10:00~12:00 まちなかキャンパス長岡5階交流ルーム

講師:福田由紀子さん(認定フェミニストカウンセラー・臨床心理士)

参加費:500円

申し込み:NPO法人 女のスペース・ながおか

電話・FAX 0258-38-0457(月~金10時~17時)

主催:NPO法人女のスペース・ながおか/矯風会長岡

長岡市男女平等推進センター

ちらしはこちら→ 11月18日ながおか

11/3東京 語り始めた被害者たち 田口道子さん講演会

 

語り始めた被害者たち~明らかになってきた現代の性暴力・性搾取~

ちらしより:

ポルノは楽しむもの、被害者などいないと思われてきました。「こんなこと私が悪いのだから」家族にも友人にも相談できない、と思っていた女性たちが支援団体につながり、解決をともに探る中でその構造が少しずつ明らかになってきました。

そこには脅し、だましがあり、「デジタル性暴力」と言ってもよいネットでの拡散による被害も多くありました。何年も何十年も苦しみ続け、沈黙を強いられてきた女性たちが次々と相談を寄せるようになりました。今、何が起こっているのか、現場からのご報告をいたします。

とき:2018年11月3日(土)14:00~15:30(受付13:30)

講師:田口道子さん(ポルノ被害と性暴力を考える会-PAPS理事長)

会場 矯風会館3階集会室 チケット前売り800円 当日1000円

ちらしはこちら → 11月3日田口道子さん