7月26日の死刑執行に対し抗議書を法務大臣に提出しました

矯風会は、名古屋拘置所において宮前(岡崎)一明さん、横山真人さん、東京拘置所において端本悟さん、豊田亨さん、広瀬健一さん、仙台拘置所において小池(林)泰男さんの刑が執行されたことに対し、8月2日に上川法務大臣に抗議書を提出しました。

抗議書はこちら→ 18年7月26日 死刑抗議書

 

死刑執行に反対し、死刑制度の廃止を求める要望書を提出

矯風会は7月6日に松本智津夫さん、土谷正美さん、遠藤誠一さん、井上嘉浩さん、新美智光さん、中川智正さん、早川紀代秀さん7名の死刑囚に対して死刑が執行されたことに強く抗議し、死刑制度の廃止を求める要望書を上川陽子法務大臣に提出しました。

要望書はこちら→ 2018年7月死刑抗議

9月5日100年の谺(こだま)上映 1時の部満員御礼

おかげさまで1時の部は販売終了しました。4時半の部はまだ空きがございますのでお早めにお申し込みください。

日時: 2015年9月5日(土)
会場:矯風会館 1階ホール(東京都新宿区百人町2‐23‐5)
上映時間:1)13時00分~(開場12:30) 2)16時30分~(開場16:00)

主催:公益財団法人 日本キリスト教婦人矯風会 日本聖公会 東京教区 人権委員会

入場料:前売り券 800円 当日 1000円

お問い合せ先:公益財団法人 日本キリスト教婦人矯風会 TEL:03-3361-0934

日本聖公会 東京教区 人権委員会 佐々木國夫
メール k-sasaki4539@fd6.so-net.ne.jp FAX 0424-91-1239

ちらしはこちら→ (表) 100年の谺ー2

(裏) 100年の谺ちらし裏

※各回上映会後には、千原卓司氏(本作制作)のトークセッションがあります!!

ドキュメンタリー映画「100年の谺 大逆事件は生きている」公式サイト
http://taigyaku-movie.net/

映画上映:約束~名張毒ぶどう酒事件死刑囚の生涯~

独房の半世紀―。あなたは、その時間を想像することができますか?(映画チラシより)

1961年(昭和36年)、三重県名張市の小さな村の懇談会で、ぶどう酒を飲んだ女性5人が死亡しました。「名張毒ぶどう酒事件」です。奥西勝さんは一度は犯行を自白しますが逮捕後「警察に自白を強要された」と主張、1審では無罪、2審で死刑判決、事件から11年目の1972年(昭和47年)に最高裁で死刑が確定しました。戦後唯一の無罪からの逆転死刑判決です。

事件から53年、多くの死刑囚を見送りながら今も無実を叫び続けている奥西勝さん役を仲代達也さんが、奥西さんのお母さんを樹木希林さんが演じています。(上映時間120分)

日時:2014年5月22日(木)1回目 13:30~会場13:00 2回目18:30~ 矯風会館1階ホール前売 1000円 当日1200円 矯風会事務局まで ちらしはこちら→yakusoku

公式ウェブサイト→http://www.yakusoku-nabari.jp/