24条が変わってしまったら?DVD&打越さくら弁護士お話

 

24条が変わってしまったら・・・?

~日本国憲法24条草案を書いたベアテ・シロタの思いと、これからのわたしたち~

両性の平等を憲法草案に盛り込んだベアテ・シロタさんの思いとは?DVDをみて一緒に

考えませんか。自民党憲法草案が実現すると、女性の日常生活にどんなことが起きる?

「明日の自由を守る若手弁護士の会」に所属し、離婚、DV,親子など家族の問題、

セクシャルハラスメント、子どもの虐待など、女性や子供の人権にかかわる分野がご専門の

打越さく良弁護士が解説してくれます。

とき:2017年5月26日(金) 13:30~16:30(開場13時)

場所:矯風会館1階ホール

DVD上映: 「私は男女平等を憲法に書いた」

お話:打越さく良さん(弁護士)

入場料:900円(要申し込み)

お申込み・お問い合わせ 矯風会事務局

電話 03-3361-0934 FAX 03-3361-1160

ちらしはこちら→ 5月26日24条が変わったら

11月21日(月) 女性と子どもからみた貧困問題(長岡市)

矯風会長岡、NPO法人女のスペース・ながおか、長岡市男女平等推進センターの主催で 講師に赤石千衣子さんをお招きして講演会が行われます。この講演会は「第30回ウィルながおかフォーラムイベント」として開催されます。

女性と子どもからみた貧困問題

とき:11月21日(月)13:30~15:30 定員30名 入場無料 要・申し込み

場所:まちなかキャンパス長岡5階 交流ルーム

講師:赤石千衣子(あかいし ちえこ)さん

NPO法人 しんぐるまざあず・フォーラム 理事長

お申込み・お問い合わせ 電話&FAX 女のスペースながおか 0258-38-0457

ちらし、申込書はこちら → 11月21日講演会

 

9/9(金) 大阪 高齢者の貧困問題を考える 

矯風会創立130周年大阪部会 講演会

とき:2016年9月9日(金)午後1:30~3:30
場所:日本基督教団 扇町教会
講師:斎藤恵子さん(矯風会平和部門幹事)
参加費 300円

お問い合わせ 大阪部会 大阪北グループ  06-6843-3373

ちらしはこちら  → 9月9日大阪 

7月7日 八重澤美知子さん講演 ワークライフバランスの実現を目指して

日時:2016年7月7日(木)10:00~ 11:30
場所:日本キリスト教団 金沢長町教会
演題:「ワークライフバランスの実現をめざして わたし達にできることは?」

講師:金沢大学名誉教授 八重澤美知子先生
(金沢大学・国際基幹教育院)

プロフィール:金沢大学講師を経て、1995年から教授。2016年4月から特任教授。
金沢大学男女共同参画キャリアデザインラボラトリー初代ラボラドリー長、
石川県教育委員、石川県男女共同参画審議会長、
第22回男女共同参画全国都市会議inかなざわ実行委員長などを歴任。
・2006.10 地方教育行政功労者(文部科学大臣)表彰
・2013.1 第1回中村賞(金沢大学女llt研究者賞)受賞
・2015.6 男女共同参画社会づくり功労者(内閣総理大臣)表彰
・2015.12 赤松良子賞(国際女性の地位協会)受賞

主催 公益財団法人 日本キ|リスト教婦人矯風会

ちらしはこちら→

7月7日 八重澤美知子氏講演会

4/29・30女性のエンパワーメントフォーラム(関連団体イベント)

矯風会職員も講師として参加します

女性のエンパワメントフォーラム

「CSW(国連女性の地位委員会)・UMW(合同メソジスト教会女性部)並行セッションにウェスレー財団より派遣された女性たちを講師に迎え「女性のエンパワメントフォーラム」を2日間にわたり開催いたします。」(主催団体 ホームページより)

内容
・国連女性の地位委員会(CSW)とは?
・女性に対する暴力
・農山漁村女性のエンパワメント
・持続可能な開発と女性

講師:
荒川朋子(アジア学院校長)
大野綾子(日本YWCA)
斎藤恵子(日本キリスト教婦人矯風会幹事)
高里鈴代(強姦救援センター・沖縄Reico代表)
福嶋美佐子(ChildFund Japan 副理事長)
宮本潤子(ECPAT/ストップ子ども買春の会共同代表)
山岡万里子(ノット・フォー・セール・ジャパン代表)

日時:4月29日 13:30~17:30
4月30日 10:00~12:10場所:東京都港区南青山6−10−11
主催:公益財団法人 ウェスレ―ファンデーション

入場は無料です。どなたでも自由にいらしてください。ウェスレーセンター205号室

詳しくはこちら → http://wesley.or.jp/program/event/csw.html

憲法24条は何を目指すか?清末愛砂さん講演

~女性や子どもに対する暴力を根絶するための社会変革と法政策について考える~
講師:清末愛砂さん(室蘭工業大学大学院工学研究科準教授)
時:  2015年9月28日(月)13:30~15:30(開場13:00)
場所:北海道クリスチャンセンター2階ホール
資料代 300円(販売中) 

ちらしはこちら→  9月28日

大切ないのちと人権を守る~女性の視点に立って~

日本キリスト教婦人矯風会は1886年(明治19年)から活動を続けてきました。それはからゆきさん救済や公娼制度廃止運動から始まり、現在の「女性と子供の人権を守る活動」へと一貫して続いています。矯風会において「性・人権部門」幹事として活動してこられた宮本潤子さんと共に、私たちの社会で起こっている問題について一緒に考えてみませんか。大勢のご参加をお待ちしています。

日時:2015年7月4日(土) 10:30~12:00
場所: 日本基督教団松本教会
参加費:300円
講師: 宮本潤子さん
問い合わせ:信州部会まつもとグループ(望月)
電話 0263-46-6360   

ちらしはこちら→ 2015年7月4日信州

人身取引問題 矯風会の取り組み~HELPディレクター報告~

2015年5月8日に政府の「人身取引対策推進会議」が年次報告を始めてまとめ、人身取引の根絶を目指して取り組むと官房長官が指示を出しました。2020年開催の東京オリンピック・パラリンピック等に向けて、他のNGOと共に政府に提言をしていく予定です。

政府の取り組みはこちら→ 
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/jinsintorihiki/pdf/honbun1.pdf

昨年度、女性のHELPは人身取引に関して下記のような活動をしました。
2014年4月  WCC(世界教会協議会)・CCA(アジアキリスト教協議会)共催、コロンボ(スリランカ)で開催された「移住労働者と人身取引に関するキリスト者国際会議」で日本の状況を発表。

2014年7月  警察庁主催「第11回人身取引事半に係るコンタクトポイント連絡会議」で「人身取引被害者支援の変遷と現状」と題して発表。関係省庁・自治体・NGOが参加。

・2014年9月 「新たな人身取引対策行動計画策定に向けた有識者ヒヤリング」に内閣官房の要請を受けて参加。外国人被害者支援対策が帰国支援に重点が置かれ、定住支援が不充分である事等を具申。

・2014年12月「人身取引対策行動計画2014(仮称)」(案)に対する意見の募集(パブリックコメント)に他のNGOとともに意見書を提出。

・2014年12月 警視庁主催「外国人女性を被害者とした人身売買事件説明会」に参加し意見交換。

また、本年5月下旬にジャカルタで開催されるCCA(アジアキリスト教協議会)総会で人身取引の取り組みを発表します。

 CCA(アジアキリスト教協議会)は28カ国のキリスト教機関が加盟している団体で、今年は5年に一度の総会が2015年5月21日から27日までジャカルタ(インドシア)開催されます。矯風会メンバーは、17日からのプリアッセンブリーにも参加し,
人身取引分科会に出席し、女性の家HELPの取り組みを発表予定です。また、総会でも同様に人身取引分科会でHELPディレクターが、自治体との協働や政府への提言活動も含めた取り組みを発表します。

行き場のない妊産婦を支援する施設から 講師細金和子さん

日本唯一の妊産婦支援施設・「慈愛寮」の施設長である細金和子さんをお招きしてお話を伺います。

日時: 2014年11月8日(土)午後1:30~3:30 (受付 午後1:00~)
会場:まちなかキャンパス301
対象:テーマに関心のある方はどなたでも。
参加費:500円【要申し込み。お申込み・お問い合わせはウィルながおかへ。
電話0258-39-2746 申し込み方法詳細は下記ちらしをご覧ください】
締切 11月1日
主催:矯風会長岡/長岡市

ちらしはこちら→
11月8日(土)

タイ大使館から 当会「女性の家HELP」に活動支援金贈呈

3月17日にタイ大使館からHELPに活動支援金628,930円(約200,000バーツ)が贈呈されました。
HELPとタイ大使館の連携とボランティア団体である在日タイ人ネットワークの協力の下、
多くの女性と子どもに支援が行われ、HELPを通して支援された女性と子どもの数が1年間に約200人に上ることが贈呈の理由です。皆様のお支えに心より感謝申し上げます。
タイ大使館ホームページの掲載記事はこちら