7/13 孫崎享さん講演会

外務省国際情報局長の経験をもとに著した『戦後史の正体』がベストセラーになった孫崎享さんの講演会を開催します。

演題:日本国憲法と東アジアの安全保障

―日本の進むべき道を見極めよう―

日時:7月13日(金)13:30~15:30(開場13:00)

場所:矯風会館1階ホール

チケット 前売り1200円(会員1000円)

当日1500円(一般・会員とも)

チケットのお求め方法はチラシをご覧ください。

ちらしはこちら→7月13日孫崎享さん講演会

 

7/2 講演会 あれから7年、子どもたちの体はいま

あれから7年、子どもたちの体はいま

ちらしから:

東日本大震災から7年目を迎えました。東京電力福島第一原発の事故はいまだに収束せず、その放射能による健康被害に関する詳細な報告はなかなか知ることができません。

ヒロシマでの被爆体験を、腹話術で子どもたちに伝える活動をしているICANメンバーの小谷孝子さん、原子力発電の危険性を訴え、特に子どもへの内部被曝の増加に警鐘を鳴らしている内藤新吾さんのおふたりから、お話をうかがいます。子育て中の若い方たちの参加をお待ちしております。

日時:7月2日(月)13:00~16:00(12:30開場)

場所:矯風会館1階ホール

講師:小谷孝子さん(ICANメンバー)

内藤新吾さん(牧師)

チケット 前売り800円 当日1000円

チケットお求めはちらしをご覧ください。

ちらしはこちら→ 7月2日小谷さん内藤さん講演会

 

6/23 国谷裕子さん講演会 新しいモノサシで考える

国谷裕子さん講演会 「新しいモノサシで考える一今、私が伝えたいこと一」

世界のさまざまな事象について、キャスターとして取材や議論を積み重ね、
多角的な視点を示してきた豊富な経験から、 私たちに今大切なことを語っていただきます。

日時:6月23日(土)13:30~15:15 会場13:00

場所: 矯風会館1階ホール

チケット

前売り 一般1200円、会員 1000円

当日:一般・会員とも1500円

定員150名になり次第締め切り。

★チケットお求め方法はちらしをご覧ください。

ちらしはこちら→6月23日国谷裕子さん講演会

5/15非戦への志‐柏木義円を「辺野古」から読む

ちらしから:柏木義円は安中教会牧師として40年、1938年1月に倒れるまでその職にあり、「上毛教界月報」を通して非戦、平和への啓蒙、警鐘を発信し続けました。また、安中がキリスト教信仰のルーツである岩井健作牧師は56年間、宣教、牧会に携わり、原爆の地広島に、岩国基地、沖縄の基地へとキリスト者平和運動に関わり続けています。沖縄の辺野古基地反対運動と基地のある痛みを私たちの課題として受け止め、柏木義円の「非戦」へのことばに今こそ生かされる時として学び合いましょう。~みなさまのご参加をお待ちしています~

日時 2018年5月15日(火) 開場:午後1時 講演会:午後1時30分~3時
場 所 日本キリスト教団 安中教会
講師  岩井健作牧師
参加費 500円

ちらしはこちら→ 5月15日岩井健作さん講演会

 

11/8アルコール依存症治療変わったこと・変わらないこと 

とき:11月8日(水)13:30~15:30

場所:矯風会館1階ホール

講演:眞栄里 仁医師(精神科専門医、久里浜医療センター教育情報部長)

体験談:禁酒同盟断酒修養会メンバー他

ちらしより:

アルコール依存症の治療方法はどんどん変化しています。

以前は、く底ツキ〉になるまで回復が始まらないとか、本人が否認している間は病院へ無理やり引っ張ってきても意味が無い…と言われてきました。
多<の方の体験談を聞いていると、たぶんその通りなのでしよう。でも、どん底に落ちる前に助けてください!という家族からの悲痛な叫びがあり、動機付け面接法などの新しい手法が取り入れられています。治療現場での新しい動向を聞きます。また、どんなに研究が進んでも変わらないこともあります。
講演に加えて、依存症の当事者の体験談を聞きます。アルコール依存症で家族がどう思ったか、生活はどうしたか、回復のために自助グループがどんな役割を果たすのか…などなどがわかります。
依存症のこ本人・家族はもちろん、援助職の方、酒豪と依存症はどう違うのかわからない、お酒をやめられないのは意思が弱いからかな?という方もぜひ、こ参加<ださい。久里浜医療センターは、アルコール依存症者の間では通称く久里浜大学〉と呼ばれている病院で、現在はネット依存にもとりくんでいます。

ちらしはこちら→

11月8日アルコール依存症治療

 

9・18研修会 宣教師のみた満州国

ちらしより:

キリスト者遺族の会では、柳条湖事件が起こった9.18を覚えて毎年「日中戦争について学ぶ会」を開催してきました。今年は、日本が、中国東北部を植民地化しいていく過程を、同地で19世紀後半から伝道してた外国人宣教師たちがどう見ていたかを、この領域を専門に研究している渡辺氏から伺います。かれらは、厳しい情報統制の中、冷静でかつ国際的視野から第三者として満州国の支配を観察していました。日本による支配のありよう、キリスト者と満州国政府との関係は、宣教師たちの目にどう映っていたのかを学びましょう。

講師:渡辺祐子さん(明治学院大学教授・中国キリスト教史、日本キリスト教会宇都宮松原教会員)

日時:10月7日(土)14時~16時半(開場13時半)

資料代 500円 会場:矯風会館3階集会室

共催 キリスト者遺族の会・日本キリスト教婦人矯風会

チラシ:9.18研修会

境内禁煙とげぬき地蔵ご住職講演

境内禁煙のお寺「とげぬき地蔵尊」のご住職が語る タバコに関するいろいろ

十字架のついた矯風会館で法衣を着た住職が語ります。たばこの問題には宗旨は関係ありません。矯風会も、来馬明規住職も、命を大切にしよう!という考えから愛煙家にたばこの害をお知らせしています。「なかなか禁煙できないし」という方、ぜひ、おいでください。たばこに関心がない方も、法話で心のリフレッシュをしましょう。

お問い合わせ

矯風会事務局 03-3361-0934

川谷 まで

ちらしはこちら→ 8月25日とげぬき地蔵ご住職講演