2月4日トーク&交流 ありのまま自分らしく生きる

トークと交流 ありのまま自分らしく生きる 多様なセクシュアリテイのなかで

「正しいセクシュアリテイ」批判 同性愛差別と性差別を同時にみる

日時:2017年2月4日(土) 14:00~16:00(受付 13:30~)

場所:矯風会館 3階集会室

チケット:前売 800円 当日1000円

★前売り券をご希望の方は下記郵便振替口座にチケット代をお振り込みください★

郵便振替口座 00140-1-32469

加入者名「日本キリスト教婦人矯風会」 通信欄に「2/4集会」とお書きください。

トーク:飯野由里子さん (東京大学バリアフリー教育開発研究センター研究員、

ジェンダーセクシュアリテイ論)

ちらしはこちら→

2月4日ちらし

12/6 創立130周年記念 クラッシック女性作曲家”不在”の理由

女性の視点で平和や人権のために活動を続けてきた矯風会が、創立130周年を迎えます。

音楽の世界から両性平等をめざしている小林緑さんの歯切れのよいお話で、

これまで知られていなかった、というより見えなくされ、聞かれなかった女性作曲家の

作品に触れてみましょう。(ちらしより)

とき:2016年12月6日(火) 13:00~15:30 開場12:30

ところ:矯風会館 1階ホール

講師:小林 緑さん(国立音楽大学名誉教授)

ハープ 景山梨乃さん(東京交響楽団団員)バイオリン伊東真奈さん チェロ山本直輝さん

参加費 無料 どなたでもお越しください

ちらしはこちら→ 創立記念日チラシカラー

満員御礼:ありのまま自分らしく生きる 多様なセクシャリティの中で

1月30日開催の下記学習会は定員に達しましたので申し込みを締め切らせていただきます。

トークと交流 ありのまま自分らしく生きる
多様なセクシュアリティの中で~わたしが出会った人たち~

大好評企画の2回目☆
セクシュアル・マイノリティ当事者の方からのお話と、交流の時です。
お友達とお誘いあわせの上、ぜひいらしてください!
1月30日(土)14:00~16:00(受付13:30~)
トーク川本恵子さん(日本キリスト教団 波田教会牧師、矯風会会員)
場所:矯風会館3階集会室 チケット前売り 800円 当日1000円

チラシはこちら→
1月 

大切ないのちと人権を守る~女性の視点に立って~

日本キリスト教婦人矯風会は1886年(明治19年)から活動を続けてきました。それはからゆきさん救済や公娼制度廃止運動から始まり、現在の「女性と子供の人権を守る活動」へと一貫して続いています。矯風会において「性・人権部門」幹事として活動してこられた宮本潤子さんと共に、私たちの社会で起こっている問題について一緒に考えてみませんか。大勢のご参加をお待ちしています。

日時:2015年7月4日(土) 10:30~12:00
場所: 日本基督教団松本教会
参加費:300円
講師: 宮本潤子さん
問い合わせ:信州部会まつもとグループ(望月)
電話 0263-46-6360   

ちらしはこちら→ 2015年7月4日信州

トークセッション ありのまま自分らしく生きる

ありのまま自分らしく生きる-多様な性(セクシュアリティ)の中で-

「婦人新報」2月号のLGBT特集で執筆くださった3人に、生の声で語っていただきます。

パネリスト:平良愛香さん(男性同性愛者) 赤石ちづきさん(性別越境レズビアン)

北村恵子さん(性自認女性/支援者)

4月26日(土)14:00~16:00(開場13:30~) 参加費500円

於:矯風会館3階集会室  ちらし→0426

 

 

 

 

セクシャリティ連続講座

セクシャル・マイノリティ(性的少数者)という言葉をご存知ですか?
私たちが大切にし、尊重するべき性/性別は、実はとても多様なものなのです。
すべての子どもたちが大切にされる社会を求めてーご一緒に学んでみませんか?

第1回 
日時:7月30日(火)13:30~15:00
  DVD視聴と話し合い 参加費無料
  DVD『セクシャル・マイノリティ理解のために~子どもたちの学校生活と心を守る』 
場所:矯風会館3階集会室

第2回
日時:8月31日(土)14:00~16:00
講演と質疑 参加費300円
「思春期の子どもたちと向き合って-『性の多様性を学ぶこと』」の意味」
講師:赤嶺容子(元女子学院中高養護教諭)

助産師としての経験を生かして、私立の女子高の養護と保健の教諭を兼務。いのちの
問題を子どもたちと共に考えながら、「他者と自分を守ること」を保健の授業の中でテーマと
しました。

お問い合わせは矯風会事務局まで
7月30日8月31日_0002

 

フェミニストカウンセリングで女性の悩みを読み解く

フェミニストカウンセリングとは、女性の立場にたち、ジェンダー問題の視点をもった、女性による女性のためのカウンセリングです。
ジェンダーの視点を持って話を聴くカウンセラーでなければ、クライエントの口から本当の苦しみが語られる事もなく、表面の問題の対処だけで終わってしまうことも起こります。
「主人が…」「息子は長男なので…」「嫁の実家の方が…」などの言葉を耳にすると、適切なタイミングをとらえて別の言葉があることを伝え、その理由も説明します。その言葉の背景が、その女性の悩みと深くかかわっていることを知ってもらう良い機会だからです。言葉は感情を形成し、現実を構成します。フェミニストカウンセリングは、現実を変えていくための方法でもあるのです。

とき 2013 7/20(土)・ 21(日)※21日の研修会には参加条件があります。
7月20日
対 象:相談員・一般 (14:00~17:00)
14:00 開講式 矯風会の働き及び研修会趣旨
14:20 講演 「フェミニストカウンセリングとは」

場所:沖縄キリスト教センター研修室 ・駐車場有
参加費:3,000円 (※初日のみの参加の方は1,000 円とする)※定員60名 要申込

詳細はこちら→
7月20-21